犬と歩む道
やんちゃで臆病なちょろの生活を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別れの季節
今年にはいってから、世話になった人が2人定年を迎えた。
父ちゃんが生まれる前から働いていた人たちだ。

今日は定年を迎える人の送別会に行っていた。
40年以上働いていた人だ。
40年通っていた会社を辞めるのはどんな気持ちなんだろう。
だって、高校に通っていた3年間だけでも
一晩中語れるくらいの思い出があるのだから、
きっと、
一週間寝ずに語ってもたりないくらいだろう。

CIMG5476.jpg

父ちゃんは自分より人生を長く生きた人の
昔話を聞くのが大好きだ。
だって、その時代に自分が存在していないのだから、
同じ経験は絶対できないわけだ。
そんな貴重な体験談をすごく楽しそうに話してくれるから、
聞いているこっちまで楽しくなってくる。

まるで自分が体験したように思えてくる。
不思議な事に、
昔話をしてくれる人は、
青年に戻ったように見えてしまう。
そんな感覚も大好きだ。

いつもすごいと思うのだが、
ほとんどの人が何十年も前の出来事を鮮明に覚えている。
その時感じた事、
その時しゃべった事、
時にはその時きていた服まで覚えている。

CIMG5479.jpg

自分がおっちゃんやおじいちゃんになった時、
そんなに鮮明に覚えているのだろうか?
若い子に語ってあげられるような思いでがあるのだろうか?

そう思うと、
一日一日をもっと大切にしなければならないと感じる。

CIMG5478.jpg

犬の寿命は、人間にくらべて短い。
これは絶対変える事のできない事実だ。
寿命が短いぶん、
一日の重みが人とは違うだろう。
だから、ちょろには色々な経験をさせてあげよう
たくさんの楽しいを感じさせてあげよう

そして、
たくさんの幸せをわかちあおうな。

ちょろ


読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif 

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村           
   






一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。