犬と歩む道
やんちゃで臆病なちょろの生活を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の存在
今朝、会社に車で向かっている途中
小さなスズメが歩いていた。

道路にえさが落ちていないか、一生懸命調べているスズメ。

すごく小さかったので、おそらくまだ子供だろう。

まぁ、こっちは車なので近づいたら飛び立つだろう。

そう思って、

「早くどけないとひいちゃうぞ~!」

とかいいながら近づいていった。

((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ

ど、どけない

しかも、むっちゃマイペースにえさを探している。

しかたないので、ゆっくり道の端っこを通りました。

こっちは車なのに (ノд・。)

CIMG5994.jpg

最近、ちょろの顔を見ていると
よく、昔の事を思い出す。

小学校低学年くらいの事だ。

子供の頃住んでいた家の近所に
大きい犬を飼ったおじいちゃんが住んでいた。

まだ、子供だったので犬種は分からないが、

すごく大きい犬だったと思う。子供から見てだけど

僕は子供の頃から犬が大好きだったが、

アレルギーがあるので犬を飼うことができなかった。今でもアレルギーだけどね

だから、よくそのおじいちゃんと犬に会いに行っていた。

CIMG6012.jpg

おじいちゃんにいろいろな事を教わった。

犬への接し方、
犬が草を食べる理由、
何よりも犬への愛情を教わったような気がする。

おじいちゃんは毎日犬の散歩をしていたし、

子供から見ても、犬に信頼されているのがわかった。

そして、おじいちゃんも犬を信頼していたのだろう。

その頃はそれが、当たり前だと思っていたが、
今思うとすばらしい事だと思う。

CIMG6022.jpg

でも、

ある日を境に、急におじいちゃんの性格が変わった。

その頃には小学校5年生くらいになっていて、
もうあまり遊びに行っていなかったのだが、
すごく荒々しいおじいちゃんになっていたのだ。

わかりやすく言えば
”頑固じじい”って感じだ。

あんなにやさしいおじいちゃんだったのに、
周りではどんどん悪いうわさがたっていた。

「最近犬がいないけど、山に捨てたんだ」
とか、
「すぐ怒る厄介なじいさんだ」
とか、

僕は、直接怒鳴られた事はないが、
そんなうわさを聞くのはすごくつらかった。

そして、
急におじいちゃんの性格が変わった意味がわからなかった。

CIMG6007.jpg

でも、
今ならその理由がわかるような気がする。

ちょろと生活を始めた今なら。

たぶん、犬が死んだのだろう。

大切な家族をなくしたおじいちゃんは、
悲しさのあまり性格が変わってしまったのだと思う。

あんなに信頼しあっていた二人が離れる理由は他に見つからない。

きっと、おじいちゃんはすごく辛かったのだろう。


あの時から20年以上たっているのに、
おじいちゃんの事は定期的に思い出す。

もし、もう一度会えるなら、
「あの時、おじいちゃんの気持ちに気づいてあげれなくてごめんね」

って言いたい。

たぶん、おじいちゃんの事は一生忘れないと思う。

いや、忘れてはいけないと思う

CIMG6006.jpg

ちょろ、長生きしろよ。


読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif 

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村           

一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。

お知らせ
明日の早朝から旅行に行ってきます。
もちろんちょろもいっしょです。
よって、休日の間更新できるかどうかわかりません。
皆さんも良い休日をすごしてくださいね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。