犬と歩む道
やんちゃで臆病なちょろの生活を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い犬と野生の犬~PART2~
いや~

雨ですね。

こう毎日雨だと辛いですね~。


季節の変わり目って

なんとなく体がだるいような気がするのは

僕だけでしょうか?


皆さんも体調くずさないように気をつけて下さいね。



ずいぶん間があいてしまいましたけど

前回の続きです。

初めての方はこちらから読んで下さいね。


CIMG7062.jpg


野生の犬は、人に教えてもらう事なく

他の犬との正しい接し方を知っている。


怯えたり、吠えたりしている犬には

決して近づかない。


自分を受け入れてくれる犬に対しては

頭を下げてお尻を上げた体勢になりながら

尻尾を懸命に振って遊びに誘う。


そして、リードにつながれた飼い犬の周りを

クルクル楽しそうに回るのだ。


CIMG7063.jpg


初めて見た時は、

飼い犬と飼い主が野生の犬に襲われてると思って

焦ったのを覚えている。


3頭の犬が飼い犬と飼い主の周りをクルクル

回っているんだから無理もないだろう。


でも、すぐに襲っているのではない事がわかった。


彼らの表情はすごく楽しそうで穏やかだったからだ。


彼らとはほぼ毎日会うが

ちょろが怯えるので、

近づいてきた事はない。


人間で言うと、

顔は知っているがしゃべった事はない仲ってところだろう。


おそらくこの先も

彼らとはこの関係のまま進展する事はないと思う。


CIMG7064.jpg


誰に教えられなくても人間や犬との接し方をちゃんと

わかっている野生の犬を見ていると

なんだか複雑な気分になる。


人間とずっと暮らしていて

いろんな事を教えられている飼い犬が

なかなかできない事を

いとも簡単にこなしているのだから。


野生で生活するのか

人と生活するのか

犬にとってどっちが幸せなのだろう。


まっ、実際犬にとってそんな事はどうでもいいの

だろうなぁ、

ちょろを見ていて分かるが

今だけをみて一生懸命生きてるんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。