犬と歩む道
やんちゃで臆病なちょろの生活を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出の場所
いや~今日も気持ちのいい天気ですねo(⌒0⌒)o

今日は母ちゃんとちょろが出かける予定

なので、朝散歩はなしでした。


「体力全開でお出かけしたいから、

 散歩は中止でよろしく」


だって

(゚д゚)(。_。)ウン! って返事しておきました。


でも、おかげでいつもより一時間長く寝れましたよ。ヾ(〃^∇^)ノ


そんな木曜日、皆さん

CIMG6514.jpg

↑を見て、なんだ散歩してるやん?

と、思われる方がいるかもしれないので説明しますね。

このブログに使用している写真は、

基本的に一日前の写真なんです。

だから今日使うのは昨日の写真で、明日使うのは今日の写真です。


さて、今日はちょっと父ちゃんの昔話。


CIMG6515.jpg


昨日、早起きする事によって

風景を眺めたりする余裕ができた話をしていて、

ちょっと昔の事を思い出した。


父ちゃんが一番羽ばたいていたのは、高校時代

あの当時は毎日ワクワクしていた。

寝てる時間ももったいないくらい遊んでいた。


勉強は(?_?)


って、声が聞こえてきそうだが、


まったくしていなかったから

CIMG6517.jpg


当時は英語なんて日本人にはいらない!


国語なんてできなくてもしゃべれたら大丈夫!


と、思っていた。

もし会えるなら当時の自分に言ってやりたい。


バカヤロー (∴`┏ω┓´)/


お前のせいで今どれだけ苦労してると思ってるねん。


社会にでたら、英語も読まなあかんし、

国語力も必要なんや。


上司に

「えへっ、うちの学校、

 英語と国語の授業 なかったんす」


と言って、


o(メ`□´)○()o×)/あべしっ!!


とされる気持ちを少し考えろ!


ってね (*^-^)


CIMG6519.jpg


((・・ )( ・・))ウウン


全然後悔してない。


勉強以外で学べた事が沢山あったから、

今、高校生に戻っても

きっと同じ事すると思う。


なんか長くなっちゃいましたね。

まだ、本題に入ってないんだけど


明日に続きます (⌒ー⌒)ノ~~~


読んでくれてありがとうございます。
このブログはランキングに参加しています。
もしよかったら下記二つのバナーをクリックして下さい。
1クリックで10pt加算されます。

br_decobanner_20091226184526.gif

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村                            

一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。
おやすみ
本日お休みします。

せっかく来てくれたのにごめんなさい。

最近寒暖の差が激しくて、風邪をひいちゃいました。(/_<)

CIMG6376.jpg


読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村                           

一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。
犬の存在
今朝、会社に車で向かっている途中
小さなスズメが歩いていた。

道路にえさが落ちていないか、一生懸命調べているスズメ。

すごく小さかったので、おそらくまだ子供だろう。

まぁ、こっちは車なので近づいたら飛び立つだろう。

そう思って、

「早くどけないとひいちゃうぞ~!」

とかいいながら近づいていった。

((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ

ど、どけない

しかも、むっちゃマイペースにえさを探している。

しかたないので、ゆっくり道の端っこを通りました。

こっちは車なのに (ノд・。)

CIMG5994.jpg

最近、ちょろの顔を見ていると
よく、昔の事を思い出す。

小学校低学年くらいの事だ。

子供の頃住んでいた家の近所に
大きい犬を飼ったおじいちゃんが住んでいた。

まだ、子供だったので犬種は分からないが、

すごく大きい犬だったと思う。子供から見てだけど

僕は子供の頃から犬が大好きだったが、

アレルギーがあるので犬を飼うことができなかった。今でもアレルギーだけどね

だから、よくそのおじいちゃんと犬に会いに行っていた。

CIMG6012.jpg

おじいちゃんにいろいろな事を教わった。

犬への接し方、
犬が草を食べる理由、
何よりも犬への愛情を教わったような気がする。

おじいちゃんは毎日犬の散歩をしていたし、

子供から見ても、犬に信頼されているのがわかった。

そして、おじいちゃんも犬を信頼していたのだろう。

その頃はそれが、当たり前だと思っていたが、
今思うとすばらしい事だと思う。

CIMG6022.jpg

でも、

ある日を境に、急におじいちゃんの性格が変わった。

その頃には小学校5年生くらいになっていて、
もうあまり遊びに行っていなかったのだが、
すごく荒々しいおじいちゃんになっていたのだ。

わかりやすく言えば
”頑固じじい”って感じだ。

あんなにやさしいおじいちゃんだったのに、
周りではどんどん悪いうわさがたっていた。

「最近犬がいないけど、山に捨てたんだ」
とか、
「すぐ怒る厄介なじいさんだ」
とか、

僕は、直接怒鳴られた事はないが、
そんなうわさを聞くのはすごくつらかった。

そして、
急におじいちゃんの性格が変わった意味がわからなかった。

CIMG6007.jpg

でも、
今ならその理由がわかるような気がする。

ちょろと生活を始めた今なら。

たぶん、犬が死んだのだろう。

大切な家族をなくしたおじいちゃんは、
悲しさのあまり性格が変わってしまったのだと思う。

あんなに信頼しあっていた二人が離れる理由は他に見つからない。

きっと、おじいちゃんはすごく辛かったのだろう。


あの時から20年以上たっているのに、
おじいちゃんの事は定期的に思い出す。

もし、もう一度会えるなら、
「あの時、おじいちゃんの気持ちに気づいてあげれなくてごめんね」

って言いたい。

たぶん、おじいちゃんの事は一生忘れないと思う。

いや、忘れてはいけないと思う

CIMG6006.jpg

ちょろ、長生きしろよ。


読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif 

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村           

一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。

お知らせ
明日の早朝から旅行に行ってきます。
もちろんちょろもいっしょです。
よって、休日の間更新できるかどうかわかりません。
皆さんも良い休日をすごしてくださいね。

その日の気分
”あ~、なんか今日は気分がのならいな~”( ´△`)

そんな日ってありませんか?

僕はたまにあります。

ちょうど昨日がそんな感じで、
別に何があったわけでもないのにブルーな気分だった。

「今日は早く寝たほうがいいで」って、母ちゃん(嫁)が言うので早く寝ることにした。

そしたら今日は、

むっちゃ元気 \(^▽^)/

に復活していた。

何なんだこの単純な精神構造は?

脳みそのかわりに増えるわかめが頭の中に詰まってたらどうしよう


CIMG5937.jpg

僕の気が沈んでいる日は
きっと母ちゃんにもいやな思いをさせているのだろう。

それでも、
いつもどおり明るく振舞ってくれるので助かっている。
本当に気づいていないだけかも

犬であるちょろにその日の気分があるようだ。

散歩の時に良くわかるのだが、

気分が良い時は、走り回ったり、周辺の臭いをクンクンかいでいる。

気分が乗らない時は、前を向いて黙々と歩いている。

はたから見れば、すごく躾られた良い犬に見えるのだ。


CIMG5922.jpg

気分が乗っていない時に

「まぁ~、かしこい子ねぇ~」

って、話かけられたら少し返事に困ってしまう。

「いえいえ、今日だけですよ」

っと、言うのもおかしな話だし。

「いや~、それほどでも」クレヨンしんちゃん風に

って、言うのも気がひける。

だから、にっこり微笑む事にしている。

ちなみにちょろはどんだけ気分が沈んでいても

CIMG5930.jpg

もし、ちょろがご飯を食べなくなったら、

父ちゃんと母ちゃんはきっと

救急車呼んでしまうだろう。 (・・*)ゞ

さっ、今日も仕事がんばろう\(*⌒0⌒)b

読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif 

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村           

一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。

お知らせ
今後忙しくなるので更新時間が不定期になります。
朝更新したり、夜更新したりになると思いますがよろしくお願いします。
訪問、応援を優先的にさせてもらいます。
皆さんのブログを拝見するのが、一日の楽しみなもので(⌒-⌒)
別れの季節
今年にはいってから、世話になった人が2人定年を迎えた。
父ちゃんが生まれる前から働いていた人たちだ。

今日は定年を迎える人の送別会に行っていた。
40年以上働いていた人だ。
40年通っていた会社を辞めるのはどんな気持ちなんだろう。
だって、高校に通っていた3年間だけでも
一晩中語れるくらいの思い出があるのだから、
きっと、
一週間寝ずに語ってもたりないくらいだろう。

CIMG5476.jpg

父ちゃんは自分より人生を長く生きた人の
昔話を聞くのが大好きだ。
だって、その時代に自分が存在していないのだから、
同じ経験は絶対できないわけだ。
そんな貴重な体験談をすごく楽しそうに話してくれるから、
聞いているこっちまで楽しくなってくる。

まるで自分が体験したように思えてくる。
不思議な事に、
昔話をしてくれる人は、
青年に戻ったように見えてしまう。
そんな感覚も大好きだ。

いつもすごいと思うのだが、
ほとんどの人が何十年も前の出来事を鮮明に覚えている。
その時感じた事、
その時しゃべった事、
時にはその時きていた服まで覚えている。

CIMG5479.jpg

自分がおっちゃんやおじいちゃんになった時、
そんなに鮮明に覚えているのだろうか?
若い子に語ってあげられるような思いでがあるのだろうか?

そう思うと、
一日一日をもっと大切にしなければならないと感じる。

CIMG5478.jpg

犬の寿命は、人間にくらべて短い。
これは絶対変える事のできない事実だ。
寿命が短いぶん、
一日の重みが人とは違うだろう。
だから、ちょろには色々な経験をさせてあげよう
たくさんの楽しいを感じさせてあげよう

そして、
たくさんの幸せをわかちあおうな。

ちょろ


読んでくれてありがとうございます。
もしよかったら応援して下さい。
br_decobanner_20091226184526.gif 

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村           
   






一番下からコメントが書き込めます。
気軽にコメントして頂ければうれしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。